2018年10月23日

2018.10.23 Tuesday

0

    朝晩も冷え込むようになり、すっかり秋めいてきた今日この頃。

    柿がおいしい季節ですね!

     

    散歩中には、もぎたてをひとつずついただいて。

    皮ごとガブリ!あま〜い!

     

    1.JPG

     

    こちらはお隣りさんにもらった渋柿。皮をむいて吊るします。

    2.JPG

     

    おいしくできるかな?

    3.JPG

     

     

    そんな柿づくしの折、異年齢の男子校は毎日色々とエピソードが満載!

     

    にぎやかに外で遊ぶのが大好きな9人ですが、ゆったりと絵本を読むのも大好き。

    特にナンセンスな内容がお気に入りです。

    この日は井上洋介さんのナンセンス本に聞き入っておりました。

    1.JPG

     

     

    異年齢ならではのやりとりも面白くなってきましたよ。

     

    漁港の広場でお店屋さんごっこ。

    「いらっしゃいませ〜!」の呼び込みに誘われて、小さい子も

    買い物にやって来ましたよ。

    「はい、どーぞ!!」

    分け隔てなく品物を渡してくれます。

    ありがとねー!

    2.JPG

     

    山では共に遊び…

    たのしそう!

    3.JPG

     

    時にはこんなエピソードも。

    一番小さいHくんが山の斜面から滑り落ちてしまった時の事。

    みんなで心配してくれています。

    4.JPG

     

    落ちた本人は落ちたと思っていなくていつまでも動かないもんだから、

    みんながしびれを切らして次々に助けに来てくれました。

    5.JPG

     

    そこでようやく落ちた事実に気づいて びゃー!と大泣き。

    というより、「なんで登らなくちゃいけないの?

    だっこしてよー!(心の声)」と怒り泣き。

    いやいや…抱っこはしません…。

    6.JPG

     

    この後、助けに来た人達も登れなくなり、

    ミイラ取りがミイラになった事は言うまでも

    ありません…。(笑)

     

     

    同じ月齢同士のふたりが場所の取り合いで激しく揉めることも。

    揉めることができるようになったと言った方が正しいかな?

     

    自分で!自分が!

    心の成長期にある子どもたちは、友だちとぶつかり合ったり、

    大人に抵抗してみせたりと大忙し!

     

    ほら、ここにも着替えたくなくて棚と同化する人が…。

    7.JPG

     

     

    そんな子どもたちの忙しい心の動きについていくのは息切れ必至

    ではありますが、「できた!」喜びをともにできることが、私たち

    スタッフの原動力になっています。

     

    昨年の入園当初は「かか!かか〜っ!」とお母さんを呼びながら

    大泣きして寝付けなかった子が、今ではスタッフの顔をグイグイ

    押してるうちに眠りに落ちられるようになったのも成長の喜び…

    として寛大に受け止めることにしましょう!笑

     

    8.JPG

    うぐぐ、、、(苦)

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする