2016年12月7日

2016.12.08 Thursday

0

    干していた大根がこんな状態になりました。

    子ども達は自分で糸を通した大根とこれが

    同じものだとしばらく分からなくて、何回か

    この作業をしてやっと「ちいさくなっちゃったの。」

    と言いました。そう、こんなに小さくなった分、

    美味しさ凝縮だよ〜!

    1.JPG

     

    カリカリになった干し大根。甘辛醤油の

    たれの中に投入します。入れるの、怖い〜!

    2.JPG

     

    上手にまぜまぜ。料理のお手伝いはよくやるので、随分慣れてきました。

    3.JPG

     

    この大根は、軒先で野菜販売をしている松並木の あつこ

    おばちゃんのところで頂いたもの。たまにみんなで

    お買い物に行く場所です。「無農薬だから、葉っぱまで

    食べてね!」と言って、わけて下さいました。もちろん

    葉っぱも頂きましたとも!

    4.JPG

     

    持ち帰って大人が料理の準備をしている間に

    子ども達も せっせとままごとで支度。

    以前はサツマイモも同じ事されていたような…。

    5.JPG

     

    大人にはままごとに見えても、子どもにとっては本気の作業でした!

    料理をしている横で ままごとの鍋も用意されています。

    ちゃんとした素材の鍋だから、火にかけてみるか!

    6.JPG

     

    中身はなぁに??

    大根葉と、白菜と、キンカンと、シャリンバイ、

    サザンカのつぼみ、トベラ、石…。

     

    ぐつぐつ!

     

    …それなりにいいにおいかもしれない…。

    7.JPG

     

    こちらは本当に料理したおつゆ。大根と一緒に

    ご近所・古部商店のこんにゃくを炊きました。

    子ども達はすごい量をたいらげました。

    8.JPG

     

     

    日は変わって、今日の散歩は港!

    漁港を散歩していても、怒られません。

    ありがたいありがたい。

    定置網の繕いをしている横で、お茶休憩を

    させて頂いているところです。

    9.JPG

     

    漁師さんの仕事は、見ている限りやることがたくさんあって大変そう。

    でも、だからこそ頼もしい!そんな仕事の様子を見るのが、子ども達は

    大好きです。

     

    網についたフジツボは、取り去らないと次の漁に差し支えが

    あるらしく、ひとつひとつをたたき割った後、更にコテの

    ようなものでこそげ落とします。気になってやたら接近する

    子ども達を見て、一人ひとつ槌を持たせてくれました。

    10.JPG

     

    割れるかな?

    12.JPG

     

    こちらは港の東端にあるシラス販売所、松道丸さん。

    小さな熊手でシラスをまんべんなく広げて干す作業を

    じっと見つめます。そしていつもの質問攻め。

    丁寧に答えて下さって、ありがとうございます。

    13.JPG

     

    そうこうしているうちに、シラスをどっさり頂いてしまいました。

    贅沢〜。あっという間になくなりました。

    14.JPG

     

    …シラス、ついてますよ?

    「にゃは!」

    15.JPG

     

    大磯港の西には砂利砂を扱う作業場があり、

    大きな船が砂利や砂を荷下ろしします。

    巨体を揺らして作業する様子は圧巻!

    それを自由過ぎるスタイルで眺める人…。

    16.JPG

     

    この日は海が穏やかだったので、灯台に通じる道が開いていました。

    走る走る!灯台を目指せ!

    17.JPG

     

    冷たい風がビュービュー吹いているのに、お構いなしで

    「かに♡かに♡かに♡(横這い歩き)…押さないで!怒」

    …と遊ぶ子ども達。

    18.JPG

     

    遠くには、海で大きな網を洗っているという定置網漁船が

    見えました。

     

    この壮大な景色。

     

    子ども達の目にも映っているかな、

    大磯の美しい自然と人々の優しさ。

    19.JPG

     

    (編集:大貫)

     

    2016年11月28日

    2016.11.25 Friday

    0

      今日は街中を散歩。前日に降った雪がまだ残っている

      のを見つけました!

      1.JPG

       

      これ、何だと思いますか?

      …そう!このシミシミは…。

      雪を大事にポケットに入れてたんですね〜!

      残念ながら、跡形もありませんでしたが、

      なんてステキな発想。

      2.JPG

       

      近所の材木屋さんの敷地にある夏ミカン。

      食べたくて仕方なくて聞いてみたら、

      採っていいとの事!やった〜!みんな

      固唾を飲んで見守ります。

      3.JPG

       

      お茶休憩の時間。ミカンのお味はいかが?

      あれ?どうしたの?

      4.JPG

       

      「しゅっぱ〜〜〜い!!!」

      …でしょうねえ、時期、早いもん。

      5.JPG

       

      今日は目的のある散歩だったんだけど、予想以上に

      暖かかったので、みんなはノンビリ好きな事をしながら

      進みます。線路ごっこをしたり、バランス遊びをしたり、

      竹筒の中を覗いたり、なかなか進まない…。笑

      6.JPG

       

      でも、でもね、本当は軒先で野菜を売っているおばちゃんのところへ

      大根を買いに行くのが目的だったのです。

      行ってみたら、「最後だし小さいから、一人1本持って行きな!」

      と言って下さり、この通り。ルンルン♪

      9.JPG

       

      ルンルン♪♪

      10.JPG

       

      消防団の水道がある場所はいつも人気で、

      見つけるとこんな感じになります。

      お風呂なんだそうです。全員(大人も)

      入る事を強要されます。笑

      8.JPG

       

      よっこらしょ…。大きなリュックや大根、置いたら如何かしら?

      7.JPG

       

      帰ってから、大根は輪切りにして、穴をあけて…。

      真剣に紐通し!

      12.JPG11.JPG

       

      こうして、しばらく軒先に干されます!

      乾燥したら、どんな姿になるかはお楽しみ!

      14.JPG

       

      (編集:大貫)

      わた紡ぎ物語

      2016.11.07 Monday

      0

        わた紡ぎを通して、私達は時を紡ぐこと・人の輪を紡ぐことを

        知りました。手仕事は手間がかかりますが、その分たくさんの

        の手と知恵が加わり、なんとも言えない大事なものを手に入れる

        ことができたように思います。

         

        また今回は、この仕事を通して、「楽しいことは人を巻き込む」

        ことを再確認しました。そんな様子を傍らで見ていた子ども達。

        貴重な体験だったのではないかと思います。

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

        “こびとのこや”の入り口で栽培していた綿が収穫期を迎えました。

        1.JPG

         

        綿と種はしっかりつながっています。それを分けるのには結構根気が

        いります。でも、やってみると はまってしまうようです。

        2.JPG3.JPG

        4.JPG5.JPG

         

        こうして分離した綿。

        6.JPG

         

        今度はそれを綿打ち(弓打ち)します。といっても、弓打ちの弓がないので、カーダ―という

        道具をつかってすいていきます。子どもも上手です。

        7.JPG8.JPG

         

        すいた綿を巻いて、棒状にします。その棒を篠と言います。この日は大磯で

        スタッフの集まりがあり、横浜から来ていたスタッフも一緒になって作業に

        参加しました。スタッフの子どももいます。

        IMG_0312.JPG

         

        こうしてできた篠を使って、遂に紡ぐ作業。

        子どもがお昼寝している間に、せっせと作業する

        スタッフ達。すぐに切れてしまうので大変難しい

        です。インドのタクリというスピンドル(紡ぎ用独楽)を

        試用しています。

        9.JPG10.JPG11.JPG

         

        お迎えにきた保護者にも手伝ってもらいました。

        12.JPG

         

        余りにも地道な作業なのと、これに興味を持って

        もっと色々やってみたい!という思いからか、

        道具作りが得意な スタッフの家族が糸車を作って

        くれました!これはすごい!みんなで見守ります。

        IMG_0311.JPGIMG_0313.JPG

         

        こうしてできた1本の糸を2本に撚って、その

        撚りを固定するために蒸します。

        13.jpg

         

        大磯にはクサギがたくさん自生しています。美しい青が出る実で、

        色水遊びでもこの通り。

        14.JPG

         

        これを鍋で煮出して…

        15.JPG

         

        糸を投入。

        16.JPG

         

        しばらく煮立てて取り出します。(子ども達にも何をしているか分かるように

        わざと潰した実をそのまま入れてあります)

        17.JPG

         

        乾かすとこんなにきれいに色づきました!媒染なし!

        18.JPG

         

        散歩の行く先々で拾ってくる様々な自然物。それで飾りを作ってきました。

        19.JPG

         

        今回できたクサギの糸を通して出来上がり。

        20.JPG

         

        部屋を彩るのは、みんなの思いがたくさん詰まった素敵な作品。

        21.JPG

         

        (編集:大貫)